photo-1557683316-973673baf926.png

Class 2

樫原 洋平

早稲田大学 非常勤講師

樫原 洋平

Yohei Kashihara

2003年3月
一橋大学経済学部卒業 同年
2003年4月
(株)リンクアンドモチベーション入社
2014年1月ー2017年12月

同社 執行役員 兼 西日本事業責任者
2018年1月ー

同社 エグゼクティブディレクター(現職)
2013年4月ー

早稲田大学 非常勤講師

どんなことをしている人?

日本を、世界で最も若者が育つ社会にする「高等教育変革フィクサー」

17年間一貫して超大手企業を担当。その担当は100社以上で、メーカー、商社、金融、インフラ、サービスなど多岐。専門は、専門は尖った若者の採用・育成。一方で、早稲田/同志社の非常勤講師を務め、産官学で次世代リーダー育成に精力的に従事。最近では、大阪・関⻄万博のTEAM EXPOで「次世代共創リーダー育成」プロジェクトも主幹。著書は「エッジソン・マネジメント」(PHP/2020年7月出版)

人生での一番の「失敗談」とは?

人生での一番の「失敗」を常にアップデートし続ける

私は「ミス」と「失敗」を分けて考えています。「ミス」は「できるのにしないことで起こるもの」。その発生要因は「不注意」や「怠慢」です。その意味では「ミス」は最少化すべきです。一方で「失敗」は「できないことにトライして起こるもの」であり、その発生要因は「挑戦」であり、自らの「コンフォートゾーン」を越えることにあります。
日本の高等教育を変革することは容易ではありません。壁を越えても、またさらに高い「壁」が立ちはだかります。当然、越えるためには「挑戦」が必要です。その過程で「失敗」をたくさんします。だからこそ、常に人生での一番の失敗は「直近」であるような生き方をするように努めています。具体的にいえば、2020年に書籍を出版したのですが、その執筆が思うように進まず、苦悩したことです。

受講者へのメッセージ

目的・志に尖った生き方を

VUCAという言葉に代表されるように、いまの日本社会において「明確な答え」は存在しません。何かの「答え」や「モデル」に向けてキャッチアップすることが困難な時代です。当然、所属する組織の上⻑も、トップも明確な「解」を持っていないのです。だからこそ、自ら「答え」を出し、その「答え」を周囲に共有し、実行し、まさに「答え」にしていくような生き方が問われています。その意味で、参加者の皆様が「自問自答し、自ら選択し、その選択に責任を持ち、当事者意識をもって、自らの人生に関わる」、まさに、そのサポートや併走をしていきたいと考えています。

そして、ぜひとも「目的・志に尖る生き方の実践」に向けて、多くの「問い」を投げかけていく所存です。
皆さんと一緒に成⻑できることを楽しみにしています。