photo-1557683316-973673baf926.png
logo_tate.png

PRESENTER

池原 真佐子

池原_縦1.jpg

株式会社Mentor For

池原 真佐子

Masako Ikehara

2007年

早稲田大学院(教育学修士)卒業

2014年

株式会社MANABICIA創業

2015年

INSEAD(Executive Master in Change) 卒業

2016年

出産、ワンオペ育児
2017年

MANABICIA内で「Mentor For」「Women’s Career Mentor Academy」開始

2018年
ドイツ移住、2拠点経営
2021年

日本帰国(予定)

どんなことをしている人?

女性リーダー創出のための「社外メンター」育成・マッチング事業

女性リーダー創出のための「社外メンター」育成・マッチング事業(Mentor For)を運営。

30歳を過ぎて2つ目の大学院へ海外通学、起業。臨月の時に配偶者が海外転勤に。2年半のワンオペ育児&会社経営を経て、ドイツに移住。コロナ前までは毎月ドイツ日本往復しながら社外メンターの新規事業を行なっていました。そこから2年半のドイツ生活を経て、2021年2月からまた日本に拠点を戻し、経営と子育てに邁進中。得意なことは「壁にぶち当たった時に、出来ない理由を探すより、出来る方法を考え実行すること」

人生での一番の「失敗談」

「失敗」と受けて止めていない

「 失敗」というお題を頂き、考えましたが、最初は何も思い浮かばなかったというのが正直な感想です。

それは「失敗をしていない」のではなくむしろ「挫折や苦しみの連続」だったけれども、それを振り返った時に「失敗」と受け止めていないからです。

ただし、「挫折や困難を引き起こした判断ミス / 挑戦した結果うまくいかなかったこと」をあえて「失敗」と呼ぶのであれば、公の場で言えること、言えないことを含め、山のように経験しています 。

受講者へのメッセージ

私のしくじり話から誰か少しでも勇気づけられたら

私が「社外メンターの育成・マッチング」を始めたのも、メディアや巷に溢れる「キラキラした成功ロールモデル」を見ると落ち込み、凹み、自信を失っていたからです。

キャリアで悩んでいる時は「あんなふうになれない」と鬱っぽくなったこともあります。もっと等身大で、失敗を含めて、オープンなロールモデルに出会ってみたい、話を聞きたい・・その思いが、事業に繋がっています。
だからこそ、このリロードプロジェクトには、心から賛同しますし 、私のしくじり話から誰か少しでも勇気づけられたらいいなと。